ペンダント・トップ(10)
真珠のペンダントその2 ピンク系の小粒真珠が2つあったので、これを埋め込むペンダントを作ってみました。ペンダント・トップ(9)の流れです。真珠というのは夏のもの。これから梅雨を迎える季節、さっぱりとしたい気分でどうだろ?これも打ち出し純銀板に裏張りをして、通気孔を明けてます。これから、ちょっとレトロな感じのブローチなんかを作ってみようかな?と思い始めました拡大イメージはこちら
ここ数ヶ月作ってみたいなと思いながら手を出さなかったシロモノです。そろそろ真夏の花ということでアザミを取り上げてみました。1.5mm厚銅板を軽く打ち出して、アザミの花を彫りました。純銀で額縁を作り、総金消し処理をしました。手作りバチ環で迫力を出そうと試みましたが如何かな〜。拡大イメージ
これまた、数ヶ月放置していたものがやっと出来ました!天平時代の遺跡から発掘された金具です。親指の3倍くらいの大きさに純銀を打ち出して、隙間に5mmのアパタイトと言う石を覆輪止めにしたものです。白仕上げの銀と涼しげな石の組み合わせで、天平時代の美人がペンダントにしているのを想像しています。  拡大イメージ

 

   
  作品集のトップへ   HOME   NEXT
inserted by FC2 system